「イぺーの花 」 堀江神父さまからの最新のメールです

いつもご協力ありがとうございます。
私も毎日頑張っています。
忘れないうちにまた写真を送付します。
黄色い花はイぺーの花です。(注:写真をクリックすると拡大します)

乾ききった大地にある日少しですが雨が降りました。
突然、冬枯れのような灰色の森の中から鮮やかな黄色が顕われ、私は夢中になって車を止め、
藪の中に潜り込み、こうして素晴らしい花を映すことが出来たのでした。
ほとんど泣いて居ました。
乾燥地帯の紛れもない春の訪れでした。

インディオの子供たちとの写真はロライマの全インデイオ45回民族総会の時に映したもの。(注:メールには添付されていませんでした)
映してくれた人は子供たちに焦点をあて後ろにいる老人は殆ど存在しないかのような映り方でほんとにがっかりしたのですが、彼は子供中心の写真と思ったのでしょう。
まあそれもいいことですね。もし使えたら髪の毛を黒ペンで染めて作成したら何とか使える写真になるかもしれませんね。

最後の写真はロライマのロッケ司教送別ミサのときに奉納式を代表したインでイオ青年たちと映したものです。(注:メールには添付されていませんでした)私の左にいる女性は一緒にミッションを働いているシスターモニカさんです。青年たちは私が働く村の青年たちです。

ではまた写真が出来たらお送りします。
お体を大切に、いつも祈りのうちに。

堀江節郎