堀江神父様からの手紙(発信昨年11月です)

皆さまお元気ですか。

今ロライマは猛暑というか焼けた日差しに炙られ痛みを感じる痛暑の時ですが、それでもロライマの乾期風が草原を流れるように吹き始めてこの痛みを和らげてくれます。

最近ギヤナ国とロライマ州のインディオ民族への宣教者が集まり有意義なひと時を過ごしました。
ギアナは二人の英国人のほかは皆インド人宣教者です。
ロライマの大半は60年以上もイタリア生まれのコンソラタ宣教会が受け持ってきましたが、現在は殆どが、コンゴ、ケニア、エチオピアなどアフリカからの宣教師たちで、彼らは宣教の第一線で働いています。
この人々と一緒に働けるという事は素晴らしい喜びそして大きな励みです。

かつては西欧の植民地であった国々が、今は世界に向かって愛とゆるしのミッションを捧げています。

かれらの生まれ育ったコンゴの森、ケニアの高原、インドの山地のことなど聞きながら、ロライマに集結するアジアとアフリカの新しい息吹きを感ぜずにはおられません。

日本でのアフリカのイメージは、内乱、飢餓、難民ですが、めっぽう明るくそして若い宣教師たちは歴史の全く新しい地平を私に示してくれました。

長い間その尊厳を無視されてきた先住民と共に歩むアフリカ人宣教者の心は外で見るよりももっともっと深いところで結ばれているのを発見します。
奴隷として苦しんだ無数の同胞の苦難を背負っている人々は誰よりもインディオ民族を励ますことが出来るからです。

ところで、
四年近く住んだモスコー村から間もなく移動することになりました。
次の便りはノーボパライゾ、訳して「新パラダイス」村からお届け出来るでしょう。

主キリストの良きご誕生をお迎えしましょう。
旅の人イエスの誕生から皆様、すべての人々に生きる喜びが与えられますように。
感謝と祈りのうちに。

                  ロライマ、堀江節郎